あなたは自分の墓地について考えていますか

あなたは自分の墓地について考えていますか

ゆりかごから墓場までそういった言葉がある国もあります。人間はいつか死にます。人は生まれた時からもうすでに死に向かって生きています。長男や長女が必ず家を継承し墓地を守っていた時代はそんなに昔のことではありませんが、都会ではもうすでに死語のようになってしまっている部分があります。それは地方においても進行しています。時代は変わったと悲しんでばかりもいられません。価値観の多様化によって我々は以前よりもずっと古い風習や慣習に縛られることなくとても自由な生活を送っています。どこの家も長男が家を継承していた頃はそんな自由な生活は送れませんでした。好きな相手と恋が要するなんてご法度でしたし、結婚相手も結婚式まで顔見ることのないなんて当たり前のことでした。現代社会の日本においてそのような風習が残っていることところがほとんどないでしょう。

今では離婚して実家に戻りまた新しい人と再婚しバツバツ2が当たり前の世の中になりましたが、ほんの数十年前までそんなことをして実家に戻ってきたらご近所様に顔向けできないと親がいい顔をしなかったものです。そういった風しゅうや慣習が風化していった分、今までであればいろんな人が手伝ってくれていた部分やそれぞれの役割に従って行われてきた部分が、誰もが自分の力で行わなければなくなったことも事実でしょう。そういったことが都会の孤独死、田舎における墓守がいなくなったと言うことも増加につながっているのでしょう。これを大きなマイナスの問題と捉える特集も多いでしょうが本当に問題ばかりなのでしょうか。墓守をしっかりしてる頃はご近所やお世話になった人をなくなった際に葬儀によんでいろいろなことをしなければなりませんでした。葬儀と言うのは盛大になればなるほどお金がかかるものです。しかし現代において火葬のみの直葬で済ませる、家族葬のみでそうにをすませ、あまりお金はかけず、子供たちや孫達に負担をかけたくないと亡くなったひとが生前そのような葬儀を望んみ、そのような葬儀ができるというのも、そういった古い慣習が廃れてきたおかげであるといえるのです。

習慣が残ったままであれば必ず夫婦でご主人の実家の墓地に入るということを守らなければいけなかったでしょう。しかし墓地に入るかどうか、墓地を作るかどうか、海に散骨してもらうかとうか、様々な選択肢を選べるのはやはり墓地を守っていかなければならないと言う習慣や慣習が風化したからこそ本人が望むべく下の形を選べることができるようになったとも言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です