墓地の新しいカタチ『納骨堂』とは

墓地の新しいカタチ『納骨堂』とは

墓地に関する大きな社会問題として、昨今では、止むを得ない理由でお墓を購入することが出来ないという人が増加をしています。たとえば、生涯独身だったので子供がいなかったり、結婚はしているけれども子供を授からなかったり、あるいは子供は居るけれども遠距離に居を構えているためお墓の管理などで子供に迷惑はかけたくない、などの理由でお墓を継承させる事が出来ないような人がいらっしゃいます。それ以外にも、経済的にお墓を購入することが困難であったり、あるいは都市部で墓地不足のため希望のお墓がなかなか見つけられないという人もいらっしゃいます。そのような人たちを救済する方法として昨今では『納骨堂』という施設が注目をされています。この『納骨堂』を一時の遺骨保管場所と考えている方も多いと思いますが、現在ではお墓の代わりに使用をするというケースが非常に増加をしています。

『納骨堂』の種類としては、通常の墓地と同様に、民営が運営しているものと公営が運営しているものと寺院が運営をしているものがあります。また、保管スペースの形式としてはロッカー式のものと仏壇式のものなどいろいろな形式の保管スペースが存在をします。ロッカー式のものはロッカーと同様のつくりとなっており、その中に遺骨を保管するものとなります。仏壇式のものは仏壇と同じような装飾となっており、中には本尊や花入れや焼香台などが備え付けられているものとなります。費用については、『納骨堂』ではお墓を建てる必要がありませんので、通常はその分費用を抑えることが出来ます。『納骨堂』の注意点としては、通常のお墓と同様のお参りをすることは出来ない場合が多くなります。遺骨が保管されている室内への入室は制限されていて、お参りは共同の参拝所にてお花を供えたり、お線香をあげたりするような形態をとっている場所が多いようです。また、最新の『納骨堂』ではコンピューターによる管理を導入し、ボタン一つで遺骨が祭壇まで自動的に運ばれてくるというようなタイプのものも登場をしています。いずれにせよ、『納骨堂』の種類・形態は様々ですので、契約前にはどのような形態をとっているのか確認をすることが重要となります。

このように、通常の墓地と同じように利用をすることが出来るものが『納骨堂』となります。もし、止むを得ない理由でお墓を購入できないという方は、新たなお墓の選択肢として『納骨堂』を加えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です