自分の墓地は自分で用意する

自分の墓地は自分で用意する

人が亡くなった後に入るのが墓地ですが、核家族化が進む現代では、家のお墓に入るという発想よりも、自分の好みの場所に墓地を建てるという方が、ピッタリくるようになっているようです。実際に自分が入るときのことを考えても、よく分からないご先祖様と一緒のお墓に入るよりも、自分の好きな場所に建てたお墓に入る方が気分がいいと思う人も多いことでしょう。そんな願いを叶えるためには、やはり生前から墓地を自分で用意しておいたほうがいいでしょう。生きている間からお墓のことを考えるなんて不吉な感じもしますが、実は生前に建てるお墓のこと寿陵と呼び、昔から縁起が良いとされているのです。昔の偉人達は生きている間からお墓の建設を始め、それで長寿を願っていたのです。そういった験担ぎの面以外からでも、生前にお墓を建てることにはメリットがあります。

それは相続税の軽減です。お墓は遺産として子供たちに受け継がれていきますが、それがどれだけ高かかったとしても無税なのです。もし死後に建てるとなると、相続税を支払ったあとに、墓地の代金を支払わなければならないのですから、比較するとかなりの違いになってきます。ではどんなお墓がいいかということになりますが、これはやはり自分で足を運んで調べるのが一番いいでしょう。選ぶ時のポイントとしては、まず交通の便があります。残される家族の家から余りにも遠いところにお墓が建ってしまうと、お参りにも一苦労してしまいます。それは自然と足が遠のくことにつながり、最悪の場合は無縁墓になってしまう恐れもあります。ですから、なるべく手軽に来られる場所を選んだほうがいいでしょう。また霊園の中にお墓を建てる場合は、その設備にも気を配りたいところです。夫婦が同時に死を迎えるのは奇跡的な偶然で、やはり通常は残された人がいるわけです。その人は年老いていることは間違いないので、やはりバリアフリーのところを選びたいものです。実際にお参りに行ったときに、掃除をするわけですが、そのための水の便も良くないと、残された人に苦労を掛ける結果になってしまいます。

最終的にはやはり気持ちを大事にしたいものです。まさに永久に眠る場所ですから、そこから見える景色も重要な要素となります。死後に景色が見えるかは誰にもわかりませんが、やはり気になるものです。夫婦で同じお墓に入ろうと思っている場合は、そこでしっかりと話し合わなければなりません。冥土でケンカをするようなことは避けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です